しまね&とっとり いい恋しろうさぎキャンペーン

いい恋に 一歩踏み出す きっかけを! しまね&とっとり 恋愛ウェブマガジン

結婚

働く人生に寄り添う・・・イクボスの意味

先月のコラムで「働くことだけがすべてではないよ・・・」ということをお届けした。

でもしかし、しかしながら「働かなければ生活していけない・・・」のも実際のところ切実な問題なのだ。

「働く時間」を短くして「人生(生活)のための時間」を確保する。しかし、働く時間を短くすると(残業を減らすと)収入が減る。

企業にとってみれば、仕事が片付いていないのに残業時間を減らして従業員が帰ってしまうと利益を損なう。

至極当然のことである。

「それじゃどうすればいいのか・・・?」よく企業経営者や働く人たちからそんな疑問を投げかけられます。私の講演やセミナーを聴いていただければそこはすっきり解決するのですが、なかなか世の中すべての人に聴いてもらうわけにはいかない。

ここで簡単にその仕組み(収入や利益を減らさないで時間を生み出す仕組み)をお話ししよう。

働く人から考えると

例えば、9時から17時までの就業時間(労働時間7時間)として、その時間内に片付かない仕事を2時間の残業をしてやり遂げたとしよう。この仕事は計9時間の仕事である。

この9時間の仕事を就業時間内(7時間)でやり遂げよう!2時間の残業時間が減る。働く人はその2時間を生活(人生)のために使う事ができる。しかし、2時間分の残業手当分収入が減る。収入減になるわけだ。

企業側から考えると

従業員が残業せずに就業時間内に仕事をやり遂げると、まず、残業手当を払わなくて済む。また、残業している時間帯の会社の維持管理のコストが下がる。また、早い時間に仕事が片付くと顧客の満足度も高まる。いいことづくめだ・・・!

両者がお互いに約束しあうとwinwinになれる

働く人の約束:少しでも残業時間を短くし与えられた自らの仕事を短い時間で、なおかつ必要なクオリティでやり遂げる。

企業の約束:短い時間で仕事をやり遂げたことによって上げた利益の一部を働く人に還元する。

業種業態によって少しアレンジは必要だが考え方は単純なのだ。お互いの約束とその遂行が大切なのだけど・・・

そして、こんな働き方(短時間高密度な仕事)を実現するために働く人が求められる「集中力」「高いモチベーション」をしっかり支え、チームを確実に動かして、「働く人の生活(人生)のための時間確保を応援する経営者・管理職」を「イクボス」と呼びます。

次回は「働き方の変え方」「働く時間を短くして仕事をやり遂げる方法」=「働き方改革」

についてお話ししましょう。

福井 正樹
このコラムを書いた人

福井 正樹

  • 1956年福島県会津若松市生まれ。61歳♂
  • 私立東山高校卒。法政大学文学部中退。
  • 出版社で雑誌・書籍の編集者を経て出版社経営(10年)。
  • 1985年、長女誕生後、積極的に家事育児にコミットする。
  • 1998年、妻の父を介護するために人生をリセットし一家で鳥取市に移住。
  • 移住後、中堅の建設会社の経営に11年間携わり、その後、現職。
  • 全国の企業・行政へのコンサルティング、社内研修、講演などを年間150本以上行っている。
  • 一般社団法人クラウドライフズジャパン顧問・WLBC関西自治体プロジェクトリーダー・NPO法人ファザーリングジャパン中国顧問・新潟市働き方改革アドバイザー等

最近の主な企業向け講演・コンサル実績

  • 島根県女性活躍推進セミナー「女性活躍推進を経営戦略として活用する」2017.7
  • 福井県坂井市「経営戦略としてのイクボス」 2016.11
  • 京都府「建設業のためのイクボスセミナー」 2017.3
  • 京都府「経営者のためのイクボス・WLBセミナー」 2016.6
  • 京都府福知山市「WLBセミナー」 2017.2
  • 広島県庄原市「イクボスセミナー」 2016.7
  • 京都ホテル「経営者管理職向けイクボスセミナー」 2016.11
  • 竹中工務店「イクボス養成セミナー」 2016.6
  • 日本塗装工業会「これからの経営戦略のための女性活躍推進とイクボス」 2017.2
  • NTT西日本「WLBセミナー」 2016.11
  • 企業コンサル多数・・・建設建築業・通信販売業・不動産業・保険業・運送運輸業・自動車販売修理業など
  • 自治体の働き方改革コンサル・・・大阪府四条畷市・滋賀県草津市・福島県須賀川市他
このライターの記事を読む

あなたにオススメのコラム