しまね&とっとり いい恋しろうさぎキャンペーン

いい恋に 一歩踏み出す きっかけを! しまね&とっとり 恋愛ウェブマガジン

子育て

子どもを産むということ

私が親になって11年。
独身の頃から子どもは欲しくないと思っていました。
結婚したのは34歳。結婚前から「早く結婚して子ども産まんとー」と何度も周りの人たちから言われました。
結婚後はさらに言われるようになりました。「まだ?」「高齢出産なんだけん急がんと!」
いくら言われても私は「欲しくないからつくってないのに」と心の中で呟いていました。
その気持ちは全くブレることのない強いものだったので、周りにいくら催促されても平気でした。
自分の人生は自分のものだし、こんな大きなミッションを人に頼まれてそう簡単に決断できることじゃないと。

大きなミッション。私は子どもを産むことをそんなふうにとらえていました。

誰もが、世の中の多くの人が、産んでいる。
いくらそう思っても自分にだけは当てはまらないと思っていました。
数々の不安と恐怖でいっぱいだったから。

私の体の中で自分の意思とは関係なく想像もつかない変化をしていくことや、自分の理想とする体型ではなくなることへの嫌悪感。
少なからずビジュアルや体調が影響を及ぼす職業についていることも不安を大きくしました。

それらは妊娠した瞬間から始まります。
妊娠中のつわり、体型の変化、マタニティーブルー、出産の痛みへの恐怖、高齢出産、母子への様々なリスクや育児ノイローゼの不安、パートナーとの関係の変化、

なぜ女性がこんな思いまでしなければ子どもを持つことができないのかと性別を不公平にも思いました。
人によってその時の症状や思考は様々でしょうが、私は子どもをもつことを求めていない分、より凄絶なミッションに感じていたのだと思います。

そして、体に起こる不安と恐怖以上に子どもを持つことを拒む一番の理由がありました。
それは、自分だけの人生ではなくなること。
それまで自分の人生は全て自分のもの。全て自分で決めて生きてきました。

それが、もし自分の人生が一本のレールを歩いているとしたら、そのレールの上に重なるようにもう一本レールが増える。自分の行きたい道を自由に進んでいた私には、まるで自分以外に操縦桿を握られてしまうような思いに駆られました。

自分がここまで必死に守ってきた人生に加え、さらに新たに“おそらく自分以上に大切な存在を背負う覚悟”というものに果てしなく大きなプレッシャーを感じていたのです。

そんな私がなぜ産んだのか。
それまで周りの人達が「子どもはまだ?」といくら言ってきても私をかばっていた夫が「子どもがほしい」と言ってきたのです。

とても悩みました。今までの人生でいちばん悩みました。
これだけは私にしかできないこと。誰かに代わってもらうわけにはいかない。私には叶えてあげられる可能性があるのに。

大切な一生のパートナーである夫のこんなにも切なる願いを叶えてあげられないことは、私自身にとってとても不幸なことだと思いました。
私は夫を幸せにしたいと思いました。
そして私も幸せになりたいと思いました。

そして、36歳のとき妊娠、37歳で出産しました。

出産のときのことは、今でも鮮明に覚えています。
鮮明すぎて人に話すと怖がられてしまうほど。
ここで書くととても長くなるのと、描写が少々グロテスクになるので控えておきます(笑)

我が子を産んだ瞬間、いちばん最初に思ったことは
「私が子ども産んじゃった!人間ひとりこの世に生み出したよー。私って、スゴイ!!」でした。

そして涙が止まらなかった。
私の中の弱虫なココロが少し軽くなったような自分を認めたくなるような気持ちになったんだと思います。
私にこんなすごいことができたのは、10ヶ月お腹の中で私を励まし続けてくれた我が子と、私が親になることへ導いてくれた夫のおかげです。

そして、分娩台に仰向けになったまま天井に向かって「人ひとりこの世に生み出すのにこんなに悩ませて大変な思いさせるなんて神さまのバカーー!!でもおかげでスゴイことできたーー!!」と思わず叫びました。(心の中で)

そんな感動も束の間、その後すぐにおっぱい問題やらナースコール連打などいくつもの悩みやハプニングや珍事件の毎日がやってきます。
そしてあんなにも重くのしかかっていたミッションが私をこんなにも輝かせてくれるものになるとは思ってもいませんでした。

それについてはまた次回に。

MASAKO
このコラムを書いた人

MASAKO

米子生まれ 米子育ち 東京女子体育大学に進学後、在学中にモデルの仕事を始め、卒業後も東京でモデル業を続ける。
2001年に米子に戻り、山陰を中心にタレントとして活動。

現在は主にBSS山陰放送で毎週土曜あさ9:25〜放送の情報バラエティ番組「まいどっ♪」にレギュラー出演中。

日々を綴ったライフスタイルブログ「美アスリートMASAKO劇場」も好評。
http://ameblo.jp/masako-beauty/

趣味:美容・エクササイズ ・カフェタイム
特技: 替え歌・モノマネ・メイク・アクロバット

このライターの記事を読む

あなたにオススメのコラム